[朗報]成果が出るLP(最新版)

[朗報]成果が出るLP(最新版)

中村です。

このところ「リスト獲得」をテーマに
メールをお届けしています。

==================
■見込み客が集まらないシンプルな理由

https://ckarchive.com/b/8kuqhohq2d58
■[リスト取り]オファーの種類と作る視点:
https://ckarchive.com/b/qdu8h7ho4xex==================

ちなみに、まとめておきますと、
メルマガ読者であろうと、
LINE@の友達であろうとも、
リストを増やすために必要なのは、、、

ーーーーーーーーーーーー
STEP1:オファーを作る
STEP2:登録ページを作る
STEP3:アクセスを集める
ーーーーーーーーーーーー

という3つのステップです。

むしろ、これしかありません。

で、昨日のメールでは、
そんなSTEP1の「オファー作り」の
話をさせていただいています。
https://ckarchive.com/b/qdu8h7ho4xex

そして、今日はSTEP2の
「登録ページを作る」の話。

まず、最初に僕が最近テストしていた、
アドレス登録ページについての
データをシェアしますね。

最近、僕がテストをしたのが、
こちらの2つのページの登録率は
どっちが高くなるのか?です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・LP1(ロング)
ページをチェックするhttps://office-nj.com/prom/wp-content/uploads/2020/01/02_lp_long.png
・LP2(ショート)
ページをチェックするhttps://office-nj.com/prom/wp-content/uploads/2020/01/01_lp_short.pngーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、LP1がロングバージョンと言っても、
旧来のアドレス登録ページとか
セールスレターと比べてかなり短いです。

でも、それよりも短くしたのが、
LP2というわけですね。

で、この2つを広告にかけてテストした結果、
こんな数字になりました。

https://office-nj.com/prom/wp-content/uploads/2020/01/20200129.png
画像だと見にくいかもですが、、、

Control(LP1)の成約率が24.86%
Variation(LP2)の成約率が27.78%

という結果が表示されています。

つまり、長いLPよりも短いLPの方が、
より効果が高かったってことですね。

この結果って、あなたにとっても
かなり朗報じゃありませんか?

というのも、、、

僕たちの時間は限られているので、
登録ページだけにたくさんの時間を
使えるわけじゃありません。

だから最小限で大きな成果が出るほうが
色々と都合がいいですよね?

で、テスト通りLPは短くて良いのなら、
それだけ書くべき項目も少ないので、
より素早く簡単にページを
用意できるってことになります。

ただ、短くて良いとは言えども、
中身がダメダメだったら成果はでません。

きっちりと成果が出る要素自体は
抑えておかなきゃいけないです。

じゃあ、僕の短いLPは
どんな構成で作られているか?

それは、上から、、、

=========
1.キャッチコピー
2.ブレット(オファー内容)
3.登録フォーム
4.プロフィール
5.フッター
=========

という5つの項目です。

めちゃシンプルですよね。

で、もっと言えば、、、

3.登録フォーム
4.プロフィール
5.フッター

って言うのは、LPの内容が変わっても、
基本的に変更しなくていい要素です。

つまり、LPを作るときに考えるのは、

ーーーーーーーーーーー
1.キャッチコピー
2.ブレット(オファー内容)
ーーーーーーーーーーー

の2つだけでいいわけですね。

あとは、キャッチコピーとブレットで、
あなたが提案しているオファーについて、

・明確に
・具体的に

伝えていきましょう。

というわけで、、、

最近のLPのトレンドとしては、
全体的にシンプルかつ短いほうが
反応が良い傾向にあります。

まあ、あくまでトレンドなので、
もしかしたらどっかの時期からは、
また長いほうが反応が取れる時が
来るかもしれません。

で、長いコピーの反応が良くなると、
その時点でコピーが書けない人は、
戦えなくなってしまいますよね。

だから、コピーに苦手意識があるとか、
あんま勉強してきてないって場合は、
短くても反応が取れる“今”こそ、
登録ページを用意しましょう。

じゃあ、明日のメールでは、
『STEP3:アクセスを集める』を
テーマにお届けしますね。

(株)オフィスNJ代表
中村純
(東京・下北沢の自宅から)